現在位置: ホーム > バッグの基礎知識&新入荷情報 > PRADA|プラダ 青山店にて映画『グランド・ブダペスト・ホテル』の特別ディスプレイ展開
PRADA|プラダ 青山店にて映画『グランド・ブダペスト・ホテル』の特別ディスプレイ展開
shopplv.com / 2014-11-17

FASHION NEWS

PRADA|プラダ

青山店にて映画『グランド・ブダペスト・ホテル』の特別ディスプレイ展開

プラダは、ウェス・アンダーソン監督最新作『グランド・ブダペスト・ホテル(THE GRAND BUDAPEST HOTEL)』の日本公開に合わせて、青山店にてスペシャルディスプレイを展開。7月6日(日)まで開催中だ。
 

 

作品のためにデザインした特別アイテムを展示

店内には、プラダが『グランド・ブダペスト・ホテル』に登場するメインキャラクターに提供した、オーダーメイドのスーツケースとトランクを展示。

これらは1920年代から1930年代に発表した、ヴィンテージモデルからインスピレーションを得て制作されたもの。ティルダ・スウィントン演じる「マダムD」のためにデザインされたスーツケースは、木枠をオークとナチュラルトーンのバチェッタレザーで覆いヴィンテージ効果を演出。裏地には、ピーチピンクのサテンコットンを使用している。アーティストのミーク・カサルによって登場人物のイニシャル、Mdm.C.V.D.u.T(Madame Celine Villeneuve Desgoffe und Taxis)を典型的な20年代風スタイルでペイントしているのが特徴だ。このほかには、ウィレム・デフォー演じるジョブリングのためにデザインしたブラックのナッパレザーコートを展示。
 

ファッションからアート、さらには建築まで、分野を超えて国際的に活躍する一流映画監督たちとのパートナーシップを継続しておこなっているプラダ。ウェス・アンダーソン監督とは2013年にショートフィルム『カステッロ・カヴァルカンティ』を制作。この映画は両者にとって最新コラボレーション作品となる。